2007年10月15日

娘の左肘が脱臼した

さんぽのときなどにパパとママが子供の手をそれぞれ持って「ジャーンプ!」なんてやるシーンをよく見かけるが、そのたびに「脱臼しちゃったりしないかな」なんて心配していた。


しかし、やってしまったのだ…。


うちもパパママジャンプ(いま命名)はたまにやる。その日もやった。しかし脱臼が心配だからあまり勢いよく引っ張ったりはしないで「いっちにーの、じゃーんぷ!」とかけ声をかけてゆっくりやっていたのだ。

しかしさんざん遊んで帰宅した後、布団で娘とじゃれ合っていたら、それまできゃーきゃー大騒ぎしていた娘が突然神妙な顔になって「いたいいたい」と言い出した。

大泣きしたわけでもないし、ちょっと手を強く握りすぎた程度だろうと思っていたのだが、何をしても「いたいいたい」と言って腕を動かそうとしない。

「どこが痛い?」と聞いてもなんとなく手首のあたりを指差して「いたいいたい」言うだけで、本当にそこが痛いのかどうかよくわからない。見た目も手首、肘、肩と特に腫れている感じもしない。

娘が怪我をしたとき布団の上でしたことと言えば、寝ころんでる娘の両手をもって起き上がらせようとしただけだった。手を引いて起き上がるのが楽しかったらしく、何度かやっていたのだが、どうもそれが原因で怪我してしまったようなのだ。

そんなに勢いよく引っ張ったつもりはないのだが、娘の不意を突くような引っ張り方をしてしまったのかもしれない。


結局、娘は夕飯もろくに食べず、ぐずぐずしながら「だっこー」というので抱っこしてあげたら一瞬で眠ってしまった。


その後も起きずにしばらく寝ていたのだが、夜中の 3 時頃から何度か目を覚ましては「いたいいたい」とぐずりだした。自責の念にかられて、ちょっとの寝言でもすぐ目が覚めてしまう。ぐずっても肩と肘に手を当てて「だいじょうぶだいじょうぶ」とただ言い聞かせるだけだった。


朝、目が覚めても相変わらず「いたいいたい」と言うので、整形外科に連れて行ったら、やっぱり脱臼だった。ぼくは待合室で待っていただけなのだが、診察室に呼ばれて出てくるまでの時間は 1 分くらいしかかからなかったと思う。一瞬で先生がはめてくれたらしいのだ。

レントゲンやらギプスやらすることになるんじゃないかと心配していたのだが、あっという間に直ってしまった。診察室では大泣きが聞こえてきたが、出てきたらケロッとしていて、それまで使おうとしなかった左手で絵本を持ってきては自販機でジュースを買えとせがむ元気っぷりだ。


いやあ、骨折とか靱帯断裂とかそういう怪我じゃなくて良かった。薬も通院も必要ないとのことなのでホッとしたのだ。
posted by さわしげ at 17:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 子供
この記事へのコメント
来てみたよ^^

なかなか大変だったのね。
うちのチビはよく床に大の字になってギャーギャーやるんだけど、それを片手で引っ張って倒れないように引きずる!?みたいなことしょっちゅうしてる・・まずいわね・・
Posted by わた at 2007年10月17日 10:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5911402
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック