2007年08月02日

iPhone いいな

アメリカでの発売からけっこう経ったが、Apple の iPhone がうらやましく思ったり思わなかったりしてる。

いろいろなところでレビュー記事が出ているので詳しくは書かないが、iPhone とはスマートフォンというジャンルの携帯電話で、いわゆる電話機能付き PDA のジャンルになる。

で、iPhone が何が凄いのか考えてみると、操作性が凄いということ以外に凄いところが見つからないような気がする。

スケジュール管理ができたりメールができたり Web が見れたり音楽が聞けたりと至れり尽くせりな感じがする iPhone なのだが、そんなものは今時の日本の携帯電話なら当たり前の機能であって、さらに GPS やワンセグや i-mode や ezweb による課金形態や Java 実行環境まであるので、単純に「できること」のすごさで言ったら日本の携帯電話のほうが遙かに「凄い」と思う。

それでも、iPhone が魅力的に見えるのは、唯一の凄いところである操作性があまりにも「強烈に凄い」ということだと思う。

機械式ボタンを省き、タッチパネルによる操作が不必要なくらいになめらかに動き、なんでもない操作でも触っているだけで楽しくなるような仕組みというのは他に例を見ない。

というか他の携帯電話や PC などの使い勝手があまりにも悪すぎる。さらにいうと家電も含めて最近のデジタル機器は全般に操作性が悪化してるように思えてならない。

iPhone の影響を受けて、他の製品の操作性も向上してくれることを切に願うところだ。


iPhone が日本で発売されてもたぶん買わないと思う。普通に日本で売ってる携帯電話のほうが高機能なので、それらの機能を手放してまで iPhone には移行できないと思うのだ。

iPhone がアプリの開発環境と実行環境を解放して、GPS やワンセグなどがオプションでもいいから追加できるようになったらたぶん買っちゃうと思うが。
posted by さわしげ at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac/iPhone
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4894112
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック