2007年04月09日

ネットワークメディアプレイヤー

HDD レコーダーで、大人が見る番組は見たらたいてい消してしまうのでいいのだが、子供番組は DVD に焼いて保存している。というのも子供番組は見る頻度がドラマとは全然違うし、番組自体も小編成なので繰り返し見がちなのだ。

で、子供番組を毎日毎日とっかえひっかえ見ることになるのだが、DVD だとどうにも使い勝手が悪い。

もちろん HDD レコーダーに入れたままにしておけば使い勝手は良いのだが、容量に限りがある HDD レコーダーが子供番組で埋まってしまうのは大人としてのプライドが許さない。



そこで DVD ではなく、パソコン用の動画ファイルをテレビで見るための機械が欲しくなった。撮り貯めた子供番組は再エンコードして NAS にでも移しておけば整理しやすい。



探してみると、この手の製品はニッチ産業なのか、ソニーやパナソニックのような大手ではほとんど出ておらず、アイ・オー・データやバッファローのような PC 周辺機器メーカーからいくつか出ているだけのようだ。

その中で一番気になったのが、デジタルカウボーイというブランドの「MOVIE COWBOY DC-MC35UL2」という製品。

聞いたことがないメーカーでちょっと怪しい雰囲気がある製品なのだが、スペックを見ると今のぼくのニーズに非常にマッチしていて「これしかない!」という製品なのだ。



それとやっぱり気になるのが Microsoft の「Xbox360」。

Xbox360 のネットワーク再生には NAS ではなく PC が必須だったり、WMV 形式しか対応してなかったりとちょっと見劣りするのだが、「ゲームができる」というのは大きい。もちろんやりたいゲームが無いが。



それにしてもテレビが 16 年前に買った物なので、周りをいくら整えても仕方がない気もする。

posted by さわしげ at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 物欲
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3700681
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック