2009年11月18日

住宅ローンと助成金

間取りが決まり、外壁や風呂等の設備品などを決めればひとまず設計は終わり。

となればいよいよ契約なのだが、ここで新たな問題が。


どこで聞いたのか、妻が埼玉県の「住宅ローン負担軽減事業」というものを探し出してきたのだ。

なんだそれ? と思ったのだが、要するに埼玉県が家を建てた人にドドーンと 100 万円プレゼント!という企画(?)があるらしい。



そんなうまい話があるものか、と思いつつ調べてみると、いくつか条件はあるものの、基本的には早い者勝ちで融資残高の 1% 相当分(20 万円を上限)を 5 回(5 年)。つまり 2,000 万円以上借りる人は合計 100 万円もらえるというのだ。

つまり昨今流行している景気対策系の助成金がでるらしい。

うまい話が本当にあるみたいなのだ。



で、その条件というのが、

  1. 埼玉県と提携した住宅ローンを利用

  2. 融資の事前審査を通過している

  3. 募集開始日(6/6)から 8 月末までに着工


というもの。

住宅ローンは県民共済提携ローンを使う予定だったが、埼玉県提携ローンも似たような条件のものがありそう。

事前審査は、まだローンが決まってないので当然まだ事前審査もしていない。そもそも通らなければ家の契約もできないし。

問題は着工日が具体的に指定されているので、うまくタイミングを合わせないと、条件から外れてしまいそうだ。



ラッキーなことにうまいことこのタイミングに合わせられそうなので、ぜひとも助成金をゲットしたいと思い、スケジュールと住宅ローンを変更することにしたのだ。

それまでの設計から契約までのスケジュールでは、この助成金の指定着工日(6/6)より実際は 1 ヶ月程度早く着工できそうな流れだったのだが、設計士さんに相談して着工を遅らせてもらうことにした。

さらに県民共済提携ローンを使わなくなるので、県民共済経由でローンが組めなくなる。

なので自分の足で埼玉県提携銀行に直接住宅ローンの申し込みに行ったのだが、銀行でもこの助成金のことはあまり詳しい情報が来ていないらしくすこし混乱してる感じだった。

とにかくとりあえず埼玉県提携ローンの事前申込をして、事前審査も通すことができた。



問題はこの助成金が「先着順枠(1,500戸)と抽選枠(500戸)がある」ということ。実質、先着順枠のほうが多く、受付日時が先にあるので、確実に先着順枠で受け付けてもらう必要がある。

実際どれくらいの応募があるのかさっぱりわからないが、受付開始が勝負どころなのは間違いないだろう。
posted by さわしげ at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33718003
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック