2007年01月25日

ニンテンドー DS 「激闘!カスタムロボ」

ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」をクリアしたのとほぼ同時にニンテンドー DS のソフト「激闘!カスタムロボ」を買ったのだ。



ゼルダの伝説はめちゃくちゃおもしろかったのだが、何時間も根詰めてやったせいで、反動で手軽なソフトがやりたくなったのだ。手軽さで言ったらやっぱり Wii よりもニンテンドー DS のほうがずっと手軽だ。



で、その「激闘!カスタムロボ」なのだが、タイトルもそうだし画面もそうなのだが、はっきり言ってお子様をターゲットにしたソフトであるのは間違いないだろう。

しかしそれを言ったら任天堂のソフトはほとんどお子様向けということになってしまうので、そんなことは気にならない。むしろ任天堂でシリーズ化しているソフトはたいていどれもおもしろいので、見た目にだまされることなく買ってみたのだ。



結論。



めちゃくちゃおもしろい!



いちおうアクション RPG のジャンルらしいので、ストーリーを追っていくゲーム展開なのだが、そんなものはこのゲームではさして重要ではない。それよりも戦闘だ。バトルなのだ!


簡単にストーリーを説明すると、全長 30cm ほどのカスタムロボとよばれるロボットを操縦して戦う競技が流行している世界で、主人公はその競技に参加するというのが主軸になったストーリーだ。競技以外にも練習のための対戦だったり犯罪者との戦闘だったりといろんな戦闘をしていくことでストーリーが展開していく。


ジャンルはアクション RPG ではあるが、経験値のようなキャラクターの成長があるようなシステムではない。カスタムロボに使えるパーツが徐々に増えていくだけなのだ。ただしこのパーツには強弱は存在せず、それぞれ一長一短の特徴を持っているので、最初から最後まで同じパーツを使っていてもなんの問題もない。


このロボット同士の戦闘が非常によくできているのだ。



見下ろし視点の戦闘で全体がわかりやすいし、パーツの組み合わせや攻撃パターンの組み合わせなどを考えられるので戦略性が高い。それでいて慣れないパーツの組み合わせでただがむしゃらに戦っても案外勝てたりするのが快感だったりする。1 回の戦闘も 1 分程度と短いのでテンポが良いのだ。



DS の無線機能でネット対戦もできるし、パーツの数が多いので収集ゲームとしてもおもしろい。



それにしても Wi-Fi 対戦でだれにも勝てていない。



対戦者求む!
0816 9369 7497
posted by さわしげ at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3161870
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック