2006年08月16日

小泉首相の靖国参拝

小泉首相が昨日、終戦記念日に靖国神社を参拝した。

首相の靖国参拝には賛否両論あるが、個人的には賛成なのか反対なのか正直よくわからない。わからないので靖国問題について調べれば調べるとますますわからなくなってしまう。


結局のところ、靖国神社を参拝するという行為に戦争を正当化するという匂いが少しでもするというのがまずいのだろう。中国、韓国が猛反対するというのも、戦争正当化の匂いから来るものだ。


靖国神社の大きな役割は、国のために死んだ人々を祀る場所ということだ。

なので軍人ではない普通の国民は祀られていない。そういう戦没者はただ巻き添えを食っただけで「国のため」に死んだとは認められていないようだ。

靖国神社には A 級戦犯も一緒に祀られている。また敷地内に遊就館という兵士を讃える博物館がある。そもそも靖国神社の成り立ちが国家神道時代の国営神社だというのが問題だ。


とはいえ、今は靖国神社は国営神社ではないし、強制的に兵隊として死んでいった人々を祀ってある場所であることは事実だ。そこを終戦記念日に参拝するのは大切なことではないかとも思う。

小泉首相は「二度と戦争はしない」と名言し、A 級戦犯は「戦争犯罪者」と認めた上で参拝を行っている。実際の気持ちはわからないが、この態度を見た限りでは戦争正当化の意図は感じられず、普通に戦没者を慰めているように見える。


やっぱり一番大きな問題は、中国や韓国が靖国参拝問題を外交カードとして使ってきているということだ。靖国参拝を外交カードとして使う以上、首相は参拝を止めるわけにはいかないだろう。


とにかく、小泉首相の靖国参拝で、靖国と戦争のあり方について国民が考えさせられるのは良いことではないかと思う。
posted by さわしげ at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1314213
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック