2006年06月13日

ワールドカップ初戦

もうね。どこのブログや日記サイトを見てもワールドカップばかりなので、書かなくても良いかと思ったのだが、気分が落ち着かないのでやっぱり書く。


日本は勝つにしても負けるにしても気持ちの良い試合というのは少なすぎないか?


今回のオーストラリア戦で、最後の 10 分で 3 失点もしたが、その点の入り方が最悪な気分にさせてくれた。

最初の 1 失点は、相手の技術が上回って「やられた!」という感じがあったが、後の 2 失点は、どう見ても日本の選手が投げやりになった結果に見えてしかたがない。

あんな試合を見せられては、もう日本チームを応援する気もなくなってしまう。興醒めだ。
posted by さわしげ at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1314208
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック