2006年05月17日

拉致問題@韓国

北朝鮮の拉致問題で、横田滋が韓国を訪れたりと韓国への動きが活発になってきた。

しかしその韓国政府は太陽政策だかなんだかしらないが、拉致問題を無視することを決め込んでいる。以前に「横田さんとは会わない」という発表もしたほどだ。


日韓で協調しながら拉致問題を解決しようというのが最近の日本の動きなのかもしれないが、ここはいっそのこと日本も韓国政府を無視して拉致問題を扱うほうが良いような気がする。むしろ韓国の拉致問題まで日本で引き受けるくらいの勢いで行動したほうが良いんじゃないだろうか。

というのも昨今靖国問題や竹島問題などで日韓の関係はぎくしゃくする一方だが、韓国国民も拉致問題には関心が高いようなので、韓国政府ではなく韓国国民に対しての好感度アップという意味も含めて拉致問題を扱ってしまうというのはどうだろう。

韓国国民の拉致問題に対する関心がさらに高まれば、韓国政府も重い腰を動かすことがあるかもしれない。

どうせ南北協議も韓国政府のスケープゴートだろう?
posted by さわしげ at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1314207
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック