2005年08月15日

終戦記念日

今日は終戦記念日だ。

小泉首相が「反省とおわび」の談話を発表して、中国、韓国に対して相互理解を訴えたが、それぞれの国にこのメッセージはちゃんと伝わっているのだろうか。そもそもそれぞれの国で報道されているかすら疑問だったりする。

どちらの国も反日教育を行っているので、日本が何を言おうがどんなに謝罪しようが、結局疑われて信用しないんじゃないだろうかとも思う。

とは言ってももちろん開き直るわけにもいかないし、納得してもらうまで持続していくしかないだろう。

同時に日本国内に対しても、太平洋戦争とはなんだったのかをきちんと伝えていくべきだと思う。もちろん人から聞くだけじゃなくて国民一人一人が自分で調べて考えていくべきだと思う。


この時期の新聞各社の社説を読むと、それぞれの新聞で戦争に対する考え方、周辺諸国に対する考え方がけっこう違うのが分かる。極論に近い意見を決めつける文面で書かれることが多い。

事実を正しく伝えるべき新聞社などのマスコミが、各社でまるで意見が違うというのは、我々一般人からみるとなかなか判断が難しい。どれか 1 社ばかりを見ていると意見が偏ってしまいそうで怖い。

しかし国がマスコミを操作する国では、国民全体が同じ意見になってしまうだろうからもっと恐ろしい。
posted by さわしげ at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1314180
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック