2005年07月16日

チャイルドシート装着

結局その店員さんが対応してくれたお店では買わなかった。というか買えなかった。売る気のない店員さんから買う気がおきるわけがないのだ。

数日後にトイザらスの広告で目的のチャイルドシートが安くなっているのを発見して、あっけなくそこで買ったのだ。アップリカやコンビの売れ筋より全然安かったのでかなりお買い得だった。


で、退院前日の夜中に取り付けた。ものすごく蒸し暑い夜だったのだが、それまで何日も雨が続いていてそのときたまたま雨が上がったのであわてて取り付けたのだ。エアコンをガンガンに効かせた車内で奮闘していると、蒸し暑さで車の窓ガラス全面がびっちり曇ってしまった。

退院時からちゃんとチャイルドシートに乗せたのだが、ものすごーく不安定だった。やっぱりベッドタイプのほうが新生児のときは安定しそうだ。でも 30 分ほどのドライブでは特に泣く様子もなく、時折「ふにゃあ」とか言う程度だった。
posted by さわしげ at 20:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 子供
この記事へのコメント
だめ〜〜!!
まだ首が座ってないのに ベット式でないシートを使うなんて・・・だめぇ〜〜
奥さんが抱っこして 家に帰るって事をすれば良かったのに・・・
画像見て 怖かったですよ
生まれて間がないのに 外に出よう・出ようっとしなくても
良いと思いますよ。
しばらくしたら 毎日のように連れて出る事になるのだから・・
Posted by なな at 2005年07月21日 20:21
これは退院の時の話なので車に乗らないわけには行かないのです。
検診やらなにやらでどうしても出なきゃ行けないときはありますし。
それにしてもアップリカの CM の影響は大きいですね。
ベッドタイプのほうが安定するでしょうが、もしもの時に危険では本末転倒なのです。
抱いてたらもしもの時に人間エアバッグになっちゃいますよ。
もちろん出かけないことが一番です。
次に出かけるのは 1 ヶ月検診の時ですね。
Posted by げる at 2005年07月22日 12:42
抱いて移動するのが一番だと思ってました が 人間エアパックになっちゃうんですって事は駄目って事ですか?
知らなかった。
気を悪くしたら ごめんなさいね。
Posted by なな at 2005年07月22日 19:38
事故の衝撃はすさまじいですよ。

時速○○km の衝突エネルギーがうんぬんというのはよく見かけますがいまいちピンと来ないですよね。
でもキャスターの付いた椅子で赤ちゃんを抱いて時速 40km で移動するのを想像してみてください。それだけでも恐ろしいですが、それがもし突然止まったら人だけすっ飛んでいきそうな感じがしませんか? 抱っこではこのエネルギーは支えきれないのはもちろんですが、大人とダッシュボード(もしくは前の席)の間に赤ちゃんが挟まって、赤ちゃんの体が大人のクッションになってしまいます。車に乗ってると空間の快適さで移動していることを感じないほどですが、移動のエネルギーはキャスターの付いた椅子でも車のシートでもまったく同じなんですよ。

でもまあ、首がみゅぎゅーってなってる状態は赤ちゃんにとって良い状態とは言えないですよね。やっぱり。
Posted by げる at 2005年07月22日 19:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1314172
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック