2005年07月04日

長女誕生

ついに子供が生まれた! 女の子が! これでついにパパになってしまった!

6 月 30 日に 2784g にて無事生まれたのだ。

父親かー。実感ないなー。母親ならだんだんおなかが大きくなって、さらに痛い思いをして生まれてくる我が子を見たら、そりゃあ母親という実感が湧くってもんだろうけど、父親は特に体の変化はないからね。


出産はもちろん立会った。立会い出産は賛否両論だがぼくは立ち会って良かったと思う。血を見るのがだめだったり、女性に過度な理想を抱いている人は立ち会わないほうが良いと思うが、そうでない人はぜひとも立ち会ったほうが良い。人生観が変わるとまでは言わないが、妻と子供への見方は大きく変わると思う。


生まれたての赤ちゃんは、本当に繊細で簡単に壊れてしまいそうだった。

産湯に入って服を着せてもらった赤ちゃんを抱かせてもらったときは本当に感動した。きれいな瞳でじっとこっちを見つめてくるのを見ると、熱いものが胸をこみ上げてくるようだった。


しかし出産直後に分娩室から追い出されたので、最初に抱かせてもらったのは分娩室前の廊下だったのだが、そこは思いっきり人通りが多いところで、ベンチでぽつんと赤ちゃんと 2 人で取り残されて、みんなの注目を浴びまくりだった。抱き方だって教わってないのに看護師さんもとっとと分娩室に戻ってしまったので、恥ずかしいやらありゃしないのだ。これじゃいくら感動しても泣くに泣けないのだ。


それにしても早く大きくなって一緒に遊んで欲しいのだ。
posted by さわしげ at 00:01| Comment(15) | TrackBack(0) | 子供
この記事へのコメント
おめでとう!
子供との人生を楽しんでね!
そのうちお披露目オフやろう!
おめでとう!
Posted by TOM at 2005年07月04日 10:21
おめっと〜♪
20年後に「娘は嫁にやらん!」とか言わないようにw
Posted by まだい at 2005年07月04日 14:10
じゃあ、「嫁には娘はやらん!」でどうだ!?
Posted by げる at 2005年07月04日 14:29
逆襲されるに100娘
Posted by はぷー at 2005年07月04日 14:59
小学生くらいであっという間に娘に捨てられる父(某作家談

とかならないように頑張って!溺愛しそう?w
Posted by hayate at 2005年07月04日 21:33
「もうパパとお風呂にはいんない!」
Posted by Dheese at 2005年07月04日 23:51
「あたしの洗濯物とパパの洗濯物一緒に洗わないで!」
Posted by 金井哲也(仮) at 2005年07月05日 00:07
おひさしぶりです。
そして、おめでとうございます!!
Posted by あらいけいた at 2005年07月05日 01:13
おめでとうございます〜。
皆に祝福されて素直に育ってくれるといいですね〜。

#結婚以前に相手すらいない私…
Posted by 瀬戸っぷ at 2005年07月05日 01:19
ありゃりゃぁ〜
パパになってしまったのですかぁ
感動です
ひまつぶを見るようになって5年ぐらいです
我が事のように嬉しいです
本当におめでとうございます
Posted by なな at 2005年07月05日 14:14
皆さんありがとうございます!
徐々に実感が出てきてるところです。
なんと言っても愛娘はカワイイ!!(*´▽`*)
しかし抱っこはまだ怖いですよー!
Posted by げる at 2005年07月06日 00:36
パパでちゅね〜…って、おめでとう。
これを読む限り安産だったのかな。よかったよかった。
ひとりごと始まって以来、初めてじゃなかろうかって
くらいの文章の崩れっぷりから、「嬉しそうだなぁ」
って感じが伝わってくる(ような気がする)。
これから大変だろうけどストレスにはお気をつけて。
ひまつぶがこそだて日記になっちゃっうのも、うぇるかむ。
Posted by みけ at 2005年07月06日 02:49
いやあ、陣痛が始まってから産まれるまで 40 時間近くかかったのよ。
でも危険な状態になったわけではないので、安産といえば安産かも。
安産と難産の判断がよくわからない。
Posted by げる at 2005年07月06日 03:31
あ、そういえば忘れてた。
名前どうしよう?どんなのが良い?
Posted by TOM at 2005年07月06日 20:36
安産と難産の判断か…わかんないなあ。
俺の場合は実体験が伴ってないからなおさらだけど。
友達の所で、母親が出血多量で死にかけたっていう
重いとか軽いとかいう場合じゃないような話を
聞いてたのもあって、安産ならよかったなと思ったわけ。
なにはともあれ母親は強いなぁってことかな…。
Posted by みけ at 2005年07月07日 00:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1314169
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック