2009年05月07日

GARMIN Forerunner 405CX

JogNote Mobile.jpgランニングの距離やタイムは GPS 付き携帯電話でジョグノートモバイルを使って計測していたのだが、ジョグノートモバイルのアプリでは 1km 毎のラップタイムが計測できなかったり、文字が小さすぎて走りながら確認するのがしづらかったりして、微妙に不満だった。さらに効率的なトレーニングには心拍数の計測が欠かせないのだが、心拍計は携帯電話だけではどうやっても実現できない。

距離はジョグノートモバイルで計測できるので、これが 1km 毎にアラームを鳴らしてくれるなどの機能があればジョグノートモバイル+心拍計付き腕時計で事足りるのだが、ジョグノートモバイルのバージョンアップもなかなかしてくれなそうだし、そもそも携帯電話の GPS では精度が低く正確に 1km 毎にアラームを鳴らすのが難しいような気がする。



それらの要望を一気に満たしてくれるものとして、ランナーのあいだで有名な GARMIN というメーカーの Forerunner シリーズの腕時計というのがあるのだが、これは GPS +心拍計+腕時計というランナーに必要な機能の全部盛りというランナーならだれしもが垂涎ものの腕時計なのだ。

GARMIN Forerunner 405CXその Forerunner シリーズに、最近、「Forerunner 405CX」という機種が発売された。

この 1 つ先代の「Forerunner 405」もずっと欲しかったのだが、これが発売されたのは少し前だし、そろそろ新しいのが出るんじゃないかと狙っていたのだ。



ということで、いつものように買っちゃった(苦笑)

GARMIN Forerunner 405CX

先代の Forerunner 405 は正規輸入の日本語ローカライズ版として、「ForeAthlete 405」という機種がでているのだが、英語版と比べて値段もかなり高い。さらに新機種の Forerunner 405CX のほうはまだ発売されたばかりで日本語版がまだ出ていないというのもあって、新しい物好きとしてはまさに今買い時ということで、ヘソクリをひっくり返して買ってしまったのだ(苦笑)

先代の Forerunner 405 との違いはあまりなく、違いは心拍計が標準になったということと、心拍数による消費カロリーの算出が可能になったこと。あとは色が変わったことくらい。



早速、これを付けて走ってみたのだが、やっぱり走りながら距離とタイムがすぐに確認できるのはイイ! GPS 携帯でも確認できるが、いちいち携帯を開いて見なくて良いというのがイイ! また、1km 毎のラップタイムも勝手に記録してくれるし、速度もリアルタイムで表示してくれるのもイイ。さらに初めて心拍数を計りながら走ったのだが、体にかかっている負荷を数値化して確認できるのはとにかくスバラシイ!

さらに PC に繋いで走行データを転送すれば、心拍数や速度、走ったコースなどが細かく確認できる。この転送用ソフトもなかなかよくできていて、USB を PC に刺すだけで、メーカーの GARMIN が用意してくれている GARMIN Connect というユーザー向けデータ管理サイトに勝手に登録してくれる。
GARMIN Connect 1

速度や心拍数などはグラフ化して表示させることもできる。
GARMIN Connect 2

ラップ毎の詳細も一覧できる。
GARMIN Connect 3
これがジョグノートと連携するようになったら最強なのだが、そこまではできなそう。


とにかくこれでサボるわけにはいかなくなった。もっともっと走らないと!
posted by さわしげ at 18:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 物欲