2008年10月28日

アシックス GT-2140 ニューヨーク スリム

なんだか月初に足の裏を痛めてから、しばらく走るのを止めていたのだが、完全に痛みがなくなってから軽く走ってみたものの、やっぱり足の裏に違和感がある。

それまでも、何度も足の裏が痛くなったり、インソールがずれて豆ができたりと、なんだかシューズが合ってないような気がしていたのだ。

そんな中、銀座にある「アシックスストア東京」に行くチャンスがあったので、軽い気持ちで足の 3D 測定をお願いしてみたところ、どうもぼくの足は標準より細身で足の甲の高さが高めだということがわかった。なので、シューズを履くと足の甲に圧迫感を感じ、ついつい幅の広めのシューズを選んでしまう傾向があるのだ。


そんな自分の足の特徴がわかったので、店員さんに相談しながら選んだのが「アシックス GT-2140 ニューヨーク スリム」という最新モデルのシューズの 26.5cm。

アシックス GT-2140 ニューヨーク スリム

それまで履いていた、「アシックス GT-2130 ニューヨーク」の最新モデルで、スリムタイプだ。

サイズは店員さん曰く 26.0cm だとぴったりすぎるので、26.5cm のほうが良いとのこと。これも 3D 測定からの判断だ。

店員さんはもう少し走れる人向けの「GEL-DS トレーナー」というタイプも勧めてくれたのだが、長距離をもっと楽に走れることを重視して、こっちにした。


で、昨日 5km ほど走ってみたのだが、靴底のフカフカ感がそれまではいていたシューズより遙かにフカフカに感じたので、やっぱり今までのシューズは少しヘタっていたのだろう。まあ、店員さん曰く、前のシューズも走行距離から言ったらまだまだ寿命にはなってないそうだが、それでも結構違いは感じられた。


これで足の痛みが出なくなればよいのだが、それはまた何度か走ってみないとわからない。
posted by さわしげ at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング